中性脂肪値が高い!その原因と対策は?

中性脂肪が気になるという方の多くは、そもそもどうして中性脂肪値が高くなってしまうのかという点について気になっていることと思います。

 

「中性脂肪値が高い」と言われた場合には、血中の中性脂肪が多いということです。この中性脂肪が高いと、動脈硬化の原因となってしまう可能性が高くなります。同じくコレステロール値が高いという場合にも、動脈硬化の危険性が高くなります。

 

健康診断で中性脂肪値とコレステロール値が判明

 

動脈硬化は、血管の内側にコレステロールがたまってしまうことで血管を狭くもろくしてしまうことで、血栓ができやすくなったり血管が破れやすくなるというものです。このことが脳梗塞などを引き起こす原因となるため、大変危険なのですね。

 

ここでは、中性脂肪値が高くなってしまう原因や中性脂肪の基準値について等、確認していきたいと思います。

 

中性脂肪値が高い場合には「脂質異常症」?

 

脂質異常症とは、HDLコレステロール(善玉)・LDLコレステロール(悪玉)・中性脂肪の3つの脂質量のうち、どれか1つでも基準をこえているものがある場合に診断される病気です。

 

以前は「高脂血症(こうしけっしょう)」と呼ばれていたので、こちらの名前であれば知っているという方も多いのではないでしょうか。

 

脂質異常症の診断は、空腹時の採血によって行われます。

 

HDLコレステロール値 40mg/dl未満
LDLコレステロール値 140mg/dl以上
中性脂肪値 150mg/dl以上

 

この基準に1つでも当てはまるのであれば、脂質異常症と診断されます。

 

脂質異常症のタイプ

 

脂質異常症には4つのタイプがあります。

 

  • 高LDLコレステロール血症
  • 低HDLコレステロール血症
  • 高中性脂肪血症
  • 境界域高LDLコレステロール血症

 

日本人の食事が欧米化していることや、運動不足になっていること、生活習慣に変化が見られるようになっていることから、コレステロール値や中性脂肪値が高くなっている傾向にあります。

 

日本人の3人に1人は脂質異常症だと言われているほどに深刻な問題なのです。

 

脂質異常症は加齢にともなって増加しており、男性では40代〜50代、女性では50代〜60代に多いとされています。

 

中性脂肪が高くなる原因は?

 

中性脂肪値が高くなってしまう原因としては、以下のようなものがあります。

 

  1. 食生活や生活習慣の乱れによるもの
  2. 更年期障害によるもの
  3. 遺伝によるもの
  4. その他疾患によるもの

 

主に、食べ過ぎと肥満が原因と言われていますが、他にも様々なことが関係しているのですね。

 

食生活や生活習慣の乱れによるもの

 

コレステロールや脂の多いものを食べすぎている場合や、そうではなくてもとにかく食べすぎている場合、肥満、アルコールの飲み過ぎ、運動不足、ストレス、喫煙・・・

 

飲み会で乾杯

 

このような生活習慣の乱れや食生活の乱れが、脂質異常症の大きな原因となっています。

 

コレステロールを多く含んでいる食事をたくさんとることで、LDLコレステロール値が上昇してしまいます。
そして、アルコールを飲みすぎることで、肝臓での中性脂肪の合成を促進してしまうために、血液中の中性脂肪を増加させてしまうのです。お酒のおつまみにも脂っこいものなどが多いため、おつまみも中性脂肪の増加を促進させると言えます。

 

  • 朝食を食べない
  • 間食が多い
  • 偏食である
  • 早食い傾向にある
  • 食事の時間がバラバラ

 

など、このようなこともコレステロール値や中性脂肪値を高めてしまいます。

 

更年期障害によるもの

 

更年期障害も、中性脂肪値を高めてしまう原因になることがあります。
更年期障害になる前の状態では、エストロゲンという女性ホルモンが豊富にあり、悪玉コレステロールを減少させたり中性脂肪の上昇が抑制されているのですが、閉経によってエストロゲンの分泌が低下することによって、中性脂肪やコレステロールが高くなってしまうのです。

 

遺伝によるもの

 

脂質異常症を引き起こしやすい遺伝子をもっている方の場合も、中性脂肪値が高くなる原因となることがあります。
血縁者に高LDLコレステロールの方や、心筋梗塞の方がおられる場合には、要注意です。

 

その他疾患によるもの

 

その他、糖尿病や甲状腺機能低下症などの疾患がある場合には、脂質異常症を引き起こしやすくなります。
ホルモン剤や降圧剤などを使用している方の場合にも、その薬が原因となって中性脂肪値が高くなることがあります。

 

 

中性脂肪の基準値について

 

先ほど脂質異常症の診断基準の数値をご紹介しましたが、では、中性脂肪値の正常値は一体どのくらいなのでしょうか。

 

中性脂肪やコレステロールの正常値

 

中性脂肪値の正常値は?

 

皆様ご存知の通り、中性脂肪値は血液検査で調べることが可能です。
成人の場合、検査の結果、中性脂肪(またはTG)の値が50〜149mg/dlであれば正常値です。150mg/dl以上となる場合には、脂質異常症と診断されます。

 

LDLコレステロールの正常値は?

 

LDLコレステロール(悪玉)の正常値は、70〜139mg/dlとなっており、140mg/dl以上となる場合には、高LDLコレステロール血症と診断されます。
悪玉コレステロール値が高いことは、中性脂肪値が高いことと同様に、動脈硬化を促進させてしまう可能性があります。

 

HDLコレステロールの正常値は?

 

HDLコレステロール(善玉)の正常値は、40mg/dl以上です。
この数値未満となる場合には、低HDLコレステロール血症と診断されてしまいます。善玉コレステロール値は高い方が良いのです。

 

 

中性脂肪値を下げるためには?

 

中性脂肪値をさげて、動脈硬化の危険性から遠ざけるためには、以下のような方法があります。

 

  • 食生活を見直す
  • 生活習慣を改善する
  • 運動する習慣を身につける

 

食生活を見直す

 

毎日の食事で塩分を摂りすぎていないかどうか、脂を摂りすぎていないかどうか等、いちど見直してみることをおすすめします。脂っこいものを好んで食べ続けていたり、濃い味付けのものを食べていたりする場合には、その食生活を改善していく必要があります。

 

オリーブオイルで中性脂肪を抑える

 

油をオリーブオイルや菜種油に変えて、塩分を1日に6g以下にし、大豆製品を多く食べるようにするなどの工夫で、中性脂肪を抑えるようにしましょう。

 

また、食生活をすぐに改善するのは難しいという方には、中性脂肪対策サプリもおすすめです。

 

 

生活習慣を改善する

 

過度な飲酒やタバコなどを控えるようにし、睡眠時間と質をしっかりと確保できるようにしてみてください。
また、ストレスを解消できる方法を用意しておくことも大切です。ストレスを感じることでストレスに対処するためのホルモンが分泌されるのですが、このホルモンが働きかけることで中性脂肪値を上昇させてしまいます。

 

ストレスをしっかりと発散し、身体に負担を与えないようにしてあげることも大切です。

 

運動をする習慣を身につける

 

できる範囲からで構いませんので、日常生活の中に軽い有酸素運動を取り入れていくことも大切です。
ウォーキングや水中歩行、踏み台の昇降運動などを行うことで、中性脂肪をエネルギーとして消費させたり、悪玉コレステロールの質を良くしたりすることができます。

 

無理のない程度に、「ちょっときついかな?」と感じるくらいの運動を行うことがおすすめです。

 

 

 

中性脂肪を減らすには.net TOPへ